予約システム導入事例

自社サービスに合わせてスマホページを作成していますか?サービス別スマホ対応ホームページ事例3選

Keiko Ogino

予約システムのスマホ対応事例

博報堂DYメディアパートナーズ 「メディア定点調査2016」の調査によると、「スマートフォン」の所有率(東京)は2010年の調査開始以降、6年間で7倍強と目覚ましい伸びを見せ、約7割が所有をしている結果になりました。一方、主要企業のホームページスマホ対応率(レスポンシブデザインを含む)も65%(株式会社あとらす二十一 Webソリューション部調べ)となっており、企業規模が大きいほど対応率が高くなっています。
スマホ対応していないホームページでもスマホで閲覧することは可能ですが、画像・文字・ボタン・画面サイズなどが最適化されていたいため、使い勝手の悪いホームページになってしまいます。

外出先や就寝時などすぐに利用できるスマホは、顧客接触のチャンスをより増やすデバイスでもあります。予約システムChoiceRESERVEにはコンテンツ作成機能を使って、スマホ対応ページを簡単に作成することができます。
今回はChoiceRESERVEで作成されたスマホ対応ホームページをご紹介いたします。

帝国卓球株式会社 様(レッスン予約)

帝国卓球株式会社 様

東京 吉祥寺駅から徒歩3分の卓球レッスン&スクール予約にご利用いただいてます。24時間予約が受け付けられることをページ上部に記載し、レッスン内容やインストラクターなど生徒が予約時に必要な情報をアイコンにされています。またラインの「友だち追加」など、スマホならではのコンテンツも充実しています。

南大沢どうぶつ病院 様(病院・クリニック予約)

南大沢どうぶつ病院 様スマホ画面

“ひと”と”動物”との生活をサポート。動物病院の診療予約としてご利用いただいております。ページトップに病院紹介・担当医・Q&Aを設置し、初めての患者様でも安心してご利用いただけるページになっています。

馬込テニスクラブ 様(スポーツ施設予約)

馬込テニスクラブ 様スマホ画面

1965年設立、都心に近いも閑静な空間にあるテニスクラブのテニスコート予約でご利用いただいております。アクセスやコート配置をページトップアイコンに設定することで、スマホでの利便性がより向上します。 また、facebookやtwitterなど、スマホと親和性の高いコンテンツへのリンクも用意されています。
サービスの違いにより、スマホページの特長の違いがよく分かります。お客様がスマホを利用してホームページへアクセスする時に、どのような情報を求めて来訪してきたかを考慮することがとても大切です。 スマホという特性を生かし、自社に合ったスマホサイトの作成をお勧めしております。

ちなみに、自社サイトは対応してるか気になる場合は、Googleが提供する「モバイルフレンドリーテスト」で確認できます。

■モバイル フレンドリー テスト(Googke Developers のサイトにリンクしています)
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

0

0

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

Keiko Ogino

Keiko Ogino

リザーブリンクや予約管理システム「ChoiceRESERVE」を通して皆様のビジネスのお手伝いできることや、お客様とのつながりを作るきっかけを、毎日考えています(*^^*)

この人が書いた記事

前の記事

ChoiceRESERVEの会員登録数をGoogleAnalyticsで計測する方法
ページトップへ