予約システムを上手に使いこなそう!

自社のサービスサイトから会員連携機能でシームレスな予約を実現。予約者の利便性向上に【KOIL導入事例】

リザーブリンク広報担当

予約×販売管理システムで会員・予約情報をシームレスに連携

千葉県・柏の葉地域に誕生した国内最大級のコワーキングスペースを持つ三井不動産株式会社様の「KOIL」。

「KOIL」はイノベーション・センターとしてスペースだけでなく、交流の場としてのカフェやスタジオ、3Dプリンターを常設したKOILファクトリーなどを提供しています。
これらの施設はウェブから事前に登録したKOILパーク会員が利用することができ、その施設予約として予約管理システムChoiceRESERVEが導入されました。

今回導入されたChoiceRESERVEは、ビープラッツ株式会社が提供する「Bplats(R)」と会員情報・予約データを連携させることで、「会員の施設予約」や「毎月の利用料請求」のシームレス化を実現いたしました。

データ連携イメージ

重要なログイン情報は自社サーバで管理しながら会員の利便性を実現

会員データ・予約データをシームレスに連携することにより、総合的なソリューションとして「予約、会員、請求」を一元管理することが可能となります。

予約の流れとしては、KOILパーク会員はBplats(R)で管理されるマイページにログイン後、ChoiceRESERVEの予約サイトで施設予約を行います。
この時、ログインに関する重要情報はBplats(R)側で管理し、ChoiceRESERVE側では会員はログインをすることなく、予約を行うことができます。
このようにBplats(R)から会員データを連携することで、会員は会員情報を再入力という手間を軽減され、利便性の向上につながります。

 

0

0

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

リザーブリンク広報担当

リザーブリンク広報担当

「予約」をテーマに国内・国外問わず、あらゆるジャンルの情報を配信していきます。予約システムのご相談も承ります。お気軽にお問い合わせください。

この人が書いた記事

前の記事

CEATEC JAPAN2015見どころ情報~リザーブリンクも出展中です(^-^)
ページトップへ